2020/05/25

材料はいつ飛び出すかわからない

株価が上昇する理由にはいろいろな要素があると思います。

日々日経新聞やネットニュースで配信されるニュースに反応

する場合や決算発表で好決算が発表になったり業績の増額

修正が出た場合。増配や自社株買いを発表した場合も好感

して上昇することが多いです。



他にも信用の期日が到来したり、空売りの買戻しが入ったり

持ち株会の買付日だったり需給によって動くとこも良くありま

す。

2日前のブログでニッポン高度紙がセパレーターの売り上げ

増加で大きく動いたためいずれチタン工も動くのではと書きま

したが、たまたまタイミング良く本日日経産業新聞が午前2時

に配信した「リチウムイオン電池に成長託す 東芝が新型で

攻勢 」という 有料会員限定記事に反応して大きく上昇しまし

た。


4098チタン工日足チャート ↓
WS000053_20200525214825c1d.jpg



記事の詳細を紹介することはできませんが、内容的には東芝

のリチウム電池の優位性や車載用での採用実績が増えてい

ることなどを報じています。

これまで東芝がニュースリリースした内容や既に報道された

内容をまとめて記事にしたもので特に新しいニュースはない

ものの、最先端の技術や製品は何度も繰り返し取り上げられ

ることが多い傾向があります。



材料株と呼ばれる株は材料(ニュース)が発表されその材料

がある程度株価に織り込まれた後でも、蒸し返しその材料を

理由に株価が反応しますのでチタン工は今後も東芝の電池

がマスコミ等に取り上げられる度に反応が期待できると思い

ます。



普通は東芝の株価が動くんじゃない?と思いますが、いつも

言っている通り発行済株数が4億5500万株もあって時価総

額1281億円もの巨大な株は重たくてちよっとやそっとの材料

ではテコでも動きません・・・。



それよりも時価総額57億円発行済株式数302万株の負極

材を供給している会社の方が、ちょっと買いが増えただけで

大きく反応します。黙って持っているだけで何度も恩恵にあず

かれる可能性があると言えます。



セパレーター専業のダブルスコープも今日+80円のストップ

高していましたので電池部品メーカーは今後も材料が出る度

に反応が期待できると思います。


ということでいつものランキングボタンご協力いただけるととっ

てもうれしいです♪

2020/05/24

コロナ危機を乗り切る処方箋

「家主と地主6月号」の特集がタイムリーかつとても興味深い

内容となっています。「家賃交渉に備えるコロナ危機を乗り

切る処方箋」ということで実際にオーナーさんがテナントや

入居者さんから家賃減額交渉の連絡が入った際にどの様

に対処したかが紹介されています。



例えば、預かっている敷金から相殺したケースや、新型コ

ロナの影響で家賃が払えなくなった人が需給できる「住居

確保給付金」制度の申請をすすめたりとうまく対応している

ケースが紹介されています。


WS000052_202005242208049e8.jpg



賃貸管理件数最大の大東建託や大和リビングマネジメント

は一括借り利上げ物件を対象に減額ではなく、支払い猶予

措置を実施することをいち早く発表しています。猶予措置は

猶予申請時より最長2年間の分割払いとのことで入居者さん

に何回の分割払いにするか計画を立ててもらうとのこと・・・。



家賃を減額するにしても、猶予するにしてもやはり口頭では

なくきちんと覚書を交わす必要があると記事では指摘してい

ます。覚書に盛り込む内容としては、



①家賃猶予なのか、減額なのかを明確にする

②猶予、減額はいつからいつまでなのか期間を明記する

③猶予の場合、猶予した家賃をいつからいつまでに何回払

いで支払うかを明記する



不動産投資目的で賃貸物件を所有しているサラリーマン大

家さんやサラリーマンをセミリタイアした大家さんの中には

フルローンやオーバーローンで物件数を拡大してきた方が

多いと思います。



特にソシアルビルやテナント物件を所有している方はいきな

り家賃を半額にしてくださいという電話も多いみたいですの

で、対応を間違えると自分の方が危ないですよね!!

ここは、国や都道府県のコロナ対策をフル活用して乗り切る

しかないと思います。


ということでいつものランキングボタンご協力いただけるとと

ってもうれしいです♪
2020/05/23

コロナでクレームが5倍に

賃貸住宅新聞5月18日号によると外出自粛要請により自宅

で過ごす時間が増えたため、入居者から騒音に関する相談や

クレームがかなり増えたそうです。



これまでは通常月に10件程度の騒音クレームがここ1か月で

5倍を超えている管理会社もあるとのことで、狭い部屋でステ

イホームしていると普段以上にストレスを感じていらいらしたり

音に過敏になる人が多いのではないかと思います。



他にも共用部や敷地内にゴミが落ちているというクレームや、

建具の取り換えなどこれまで気にならなかったことが目に付い

て電話が増えているようです。



確かに自分も10日に1回のペースでアパートの定期清掃を

していますが、ここのところ行くたびに駐車場に車が半分以上

止められていますので皆さんステイホームもしくはテレワーク

されているのだと思います。



他にも最近の傾向として所得が減るため安い家賃の部屋に

住み替えたいと言うニーズが多くなってきたそうです。家賃が

安くて初期費用の掛からないアパートや格安な家賃のシェア

ハウスへの問い合わせが4月以降増えているそうです・・・。



今回のコロナショックで収入が減る方は相当数いると思われ

ますのでこのような動きはある程度起こり得ることが予想され

ます。わたくし、家賃の高い新築アパートや戸建賃貸ばかり

所有していますので、影響は避けられないかも知れません。



家賃が下がりきってしまった格安のアパートもバリエーション

の一つとして所有しておくのもいいかもしれませんね!償却

目的としても使えますし・・・。


ということでいつものランキングボタンご協力いただけるととっ

てもうれしいです♪