2018/06/28

建設国保っていいかも?

最近、「建設連合国民健康保険組合」の加入募集広告がやたら

と新聞掲載されています。おそらく、ボーナス時期なのでボーナス

をもらってから会社を辞める人が多いため建設関係で独立起業

される方は是非加入して下さいネ!! ということではないかと思われ

ます。



実はこの建設国保、国民健康保険の様に所得に応じて保険料が

高くならないため私もリタイアした当初任意継続期間2年が切れて

からお世話になっていましたw。年齢別に定額となっているんです。



加入にあたり富山の窓口に問い合わせしたところ、リフォーム工事

等を請け負ったことがわかる発注書や請書、見積書等を数件提出

して下さいと言われました。なんかめんどくせーなぁ〜と思っていた

ところ、隣の市の組合窓口はそんな面倒くさいこと言わないよと言う

情報を聞きつけました。



事務局の方いわく、これから始めるんだから実績無くても〇〇建築

という名刺だけ作って2枚持ってきてください。と言われ、これだけで

わたくし隣の市の事務局を通じて組合員になることができましたww。



保険料は自分が月額2万円で家族が1名に付き5400円だったと思い

ます。国民健康保険だと上限の年間85万円に貼りついていましたの

で法人をつくるまでは随分と助かりました・・・。



消費税込で500万円までの工事は、建設業許可を要しない軽微な

工事に該当しますので誰でも無許可でリフォーム業を始めることが

できます。この500万円という上限は工事種別ごとの金額ですので、

大工工事500万、板金工事300万円、内装仕上げ工事200万円合計

1000万円の工事を請け負ったとしても種別毎に500万円を超えて

いなければ合計金額がいくらでも現行法で問題無いらしいです・・・。



ということで、法人をつくる前にリタイアされた方は任意継続された

後に建設国保に入り、国民年金を払いつつ、法人をつくったら自分の

会社で6万円の役員報酬もらって協会健保と厚生年金に加入される

のが社会保険料を最も節約できると思います。



月6万円の役員報酬にするためには、事前に個人でもアパート20戸

程度は所有されることをおすすめします。

日々の生活費は個人のアパートから得るのがいいと思います。会社に

お金をたくさん残しておけば、相続税で持って行かれることは無くなると

思います。もちろん社長個人は会社の株も持たない様にします。



ということで、社会保険料の節約について考えてみました。お手数です

がいつものランキングボタンご協力いただけるととっても嬉しいです♪

コメント

非公開コメント

>もちろん社長個人は会社の株も持たない様にします。

こんばんは。
株は誰の所有にすべきということでしょうか。被相続人に分散させるということですか?

Re: タイトルなし

> >もちろん社長個人は会社の株も持たない様にします。
>
> こんばんは。
> 株は誰の所有にすべきということでしょうか。被相続人に分散させるということですか?

びわ湖さんこんにちは!

株は相続財産になりますので、最初から相続人である奥様やお子様を株主にして
法人を設立するかもしくは、途中で株を贈与するのがいいと思います。
ただし、贈与する場合は株を評価しなければならないため費用がかかりますので
最初から相続人を株主にして設立するのがいいと思います。