2020/08/09

シミュレーションソフト

 金融機関に融資をお願いする際にいつも使っていたシミュレーシ

ョンソフトが突然開けなくなってしまい昨日から焦っています・・・。

Access2003で動いているソフトなのですが、ひよっとするとウインド

ウズ等のアップロードによって相性が悪くなったのかも知れません。



 入力が土地面積や価格、建物面積と価格、1戸当たり面積と間取

り、家賃、共益費、駐車場代、アパートの管理料率、月間の経費と

返済期間や返済方式(元利均等か元金均等か)、金利などを入れると

40年間の資金収支や事業収支や返済予定表まで一発で出る優れ

ものです。



 ただし、20年前のソフトなので、日付が平成でしか入力できません

し、(金融機関に提出する際、ちょっと恥ずかしい)消費税も10%には

当然対応していないため、税込み総額で入力しています。

さすがに20年も使うことを想定していないと思いますので今回バグっ

たので新しいのを買おうと思います。



 このソフト経過年数に応じた入居率や、毎年の入れ替わり率、再入

居までの空室月数も設定できますのでかなり細かくシミュレーション

が可能です。このソフトで打ち出した収支採算計画書を銀行に持って

行って説明すると、良く、自分で入力されたんですか?って聞かれます。

やはり、自分で説明できることが重要なのだと思います。



 株式会社鹿谷総合研究所のアパート経営プランナーというソフト、か

なり高額なのですが、とりあえず大人買いすることにしましたww。

中古物件を仲介する際や、アパート用地を仲介する際にシュミレー

ションは添付しないと検討もしてもらえませんので不動産業者にとっ

ては必需品だと思います。


 ということでいつものランキングボタンご協力いただけるととっても

うれしいです♪

コメント

非公開コメント

No title

具体的なソフトのご紹介まで、有難うございます。

旧ソフト、この移り変わりの早いIT業界で、20年も持ったこと自体、すごいと思います。

吉川さんも、かなり長い期間・回数活躍されたと思いますので、十分、元は取ったのではないか、と思います。
(その節はお世話になりました)

新ソフトも、沢山活躍されて、どんどん物件を仲介できると良いですね。

Re: No title

竹千代さんこんにちは!

シミュレーションソフトは不動産業者や建築業者の必須アイテムなので
使い勝手の良いものがいいと思います。私が知る限り微妙なさじ加減も
調整できて一番使いやすいのではないかと思います。